アンコールワット(Angkor Wat)
And タプロム(Ta Prom)・バンテアイスレイ(Banteay Srei)・プレループ(Pre Rup)

アンコール遺跡とは、カンボジア北西部のシェムリアップ州トレンサップ湖一帯にある砂岩や紅土レンガ造りの遺跡群をさす。
この時代の遺跡は、全土で1080ヶ所、主としてアンコール朝(808〜1431頃)時代に建設された寺院、僧院、経蔵、
貯水池、橋梁、宗教都城などである。特に、シェムリアップ市郊外には有名なアンコールワットや
アンコールトムなどの主要な62遺跡が集中している。そこは、1993新制カンボジア王国が誕生し、混乱も徐々におさまり、
近年はカンボジア観光収入の柱となっている。

この度、二日間ですが、初日にアンコールワットと周辺、二日目にアンコールトムの遺跡を巡った。
そのハイライトをフルスクリーンのスライドショウで『ワット編』と『トム編』でアンコールの今を報告します。

ごゆっくりお楽しみください。写真撮影 2012.2.21 JA2TKO・Kunio Okada

写真を左クリック=開く、右クリック=進む、左クリックor Escで戻る、 もOKです。

曲名:"Vietnam Music 02-10"・2012年

JA2TKO'sスライドショウ目次へ戻る